三種のゼロをデザインする(0+○)!!

Pocket

どうも、ぺのっぺです。

(への)/

前回・前々回と

「0の話」をして参りました。

「0の話なんて

文字と関係ない」

と思われた方も、

いらっしゃったかと思います。

でも、ゼロのデザインを考える上で、

これは避けては通れないんです。

ゼロが3種類あるというのを

知っているのと知らないのとでは…、

デザインの方向性が

まるで変わってきます。

そもそも、

3種類に分けてデザインする

という発想自体、

生まれませんからね。(への;)

そこで、今日は、

3種類のゼロのデザインの方向性

について考えて行きたいと思います。

スポンサーリンク

無のゼロをデザインする!

まず、「無のゼロ」

デザインコンセプトは、

存在しないものに

形を与える

ですね。

「無のゼロ」と聞くと、

どうしても、「0次元」と掛けて

「・」ひとつで表したくなります。

でも、

存在しないのだから

実は何でもあり

なわけなんですよね。(への;)

実際、私達が使っている「0」

「・」じゃありません。

(アラブの「0」は「・」ですが…)

なので、他にも「✗」「●」

なんていうのもアリかもしれません。

どちらも「空位のゼロ」

「○」でデザインすれば、

セットで作れますからね。(への)

ただ、「✗」の方は、

ローマ数字の「X」

被ってしまうかもしれませんね。

(への;)

空位のゼロをデザインする!

「空位のゼロ」

デザインコンセプトは

空っぽを表現する

です。

なので「空白・スペース」と掛けて

「◇」「□」なんてするのもありです。

丸めのデザインに

囚われる必要はありません。

実際、お寿司屋さんで見かける

「〇」は、一説によると、

算木(和算の計算具)の「□」

からデザインされたそうですからね。

それと、「ゼロ」の語源が

シューニャ(空)

ゼロ

なので、

空位のゼロ」を中心にデザインする

といいかもしれません。

また、アラビア数字のゼロは

「無のゼロ」「空位のゼロ」

両方を兼ねているので、

「空位のゼロ」「無のゼロ」

対になるようにデザインにする

いいと思います。

よくアラビア数字は

「筆算ができる数字」

と言われますが、

それは、

無のゼロ」「空位のゼロ」

一体となってるからです。

もし、どちらかしかなかったら、

筆算は出来ませんからね。

(への;)

ただ、

計算に使う数字として

デザインする場合は、

書き分けが面倒なので、

「無のゼロ」「空位のゼロ」

同じデザインにした方が

いいかもしれません。

でも、「シューニャ」からは、

「暗号」を意味する

「サイファー(cipher・chypher)」

も派生しているので、

いっそのこと、

暗号風味の別デザインに仕立てる

なんていうのもアリだと思いますよ。

(への♪)

基準のゼロをデザインする!

「基準のゼロ」

デザインコンセプトは

基準を形にする

です。

「基準のゼロ」

「数字」というよりは、

「基準」としてデザイン

した方がいいでしょう。

そう考えると、

「原点O」

かなり完成されています。

「円」は確かに

「基準の図形」ですからね。

さて、「原点O」以外

のデザインとなると…、

「+」「*」などが

まず考えられます。

または「◎」や、

「○」「+」「ケルト十字」

などを「基準のゼロ」

仕立てるのもありです。

でも、いっそのこと、

これに「・」を当てるのも

手でしょう。

「◆」「■」なんていうのも、

ありかもしれません。

ちなみに起源ですが、

デカルトの「直交座標」にあります。

有名な

「コギト エルゴ スム」

の人ですね。(への)

なので、

「われ思うゆえにゼロあり」

(コギト エルゴ ニヒル エスト)

と、「セリフ」でデザインするのも

いいかもしれません。

何だか少しカッコイイですね。

確かに、人が「思考」しない限り、

「ゼロの概念」はありえませんからね。

でも、「ニヒル」「無」なので、

あくまで考えている「我」の方が

「基準のゼロ」ですね。

もしかしたら、いっそ

「I」みたいなデザインにするのも、

斬新でいいかもしれませんね。

(への)

+α:順番のゼロで遊んでみる♪

あとは「順番のゼロ」です。

これは「0番目」の意味なので、

「無」や「空位」のゼロよりは

「基準のゼロ」を当てた方が

いいかもしれません。

または、「十二支」と掛けて、

ネズミの前のネコを「0」とする

というのも面白いと思います。

(本当は13番目ですが…)

さて、そんな「順番のゼロ」ですが、

少々遊んでみたいと思います。

というのも、

「順番のゼロ」は、

「数字」というよりは、

「言葉」としてデザインした方が

面白いので。(への♪)

「0th 0st 0nd 0rd」

というわけで、早速、

英語の「順序数詞」にしてみました。

「1st 2nd  3rd 4th」です。

さて、どう読むでしょう?

別に正解は無いので、

お好きな読み方を

考えてみて下さい。(への)

0th=birth or death oath

0st= first or last ghost

始まりと終わり。

零に始まり零に終わる。

今気付きましたが、後半部分、

「死の誓い」と「最後の幽霊」

になってますね。(への;)

0nd=end

0rd=word

この2つで終わりの言葉。

「さよなら」なんていうのも

洒落ているかもしれません。

まとめ

無・空・心・零 

(その他:无・旡・丸・円・圓など)

「3種類+順番のゼロ」

漢字を当てるとこうですね。

(への)

「基準のゼロ」は中心の

「心」ですが…、これは、

「丸」でもいいかもしれません。

あとは、

色分けでデザインするのも

アリかもしれません。

「5つ」あれば

丁度オリンピックです。

「色」を当てるとすれば、

「黒」以外の4つですね。

字形は同じで色で区別する

なんていうのも手かもしれません。

というわけで、今日はこの辺で。

それでは、また次回、

お会いしましょう!(への)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

「もじ部や」では文字グッズを販売しています。アクセスはMENU#から★SHOPへどうぞ〜