ヒエログリフでいろんな猫を描いてみる(ΦωΦ)♪

Pocket

どうもみなさん、こんにちは。

ぺのっぺです。(ΦωΦ)/

さて、今日はヒエログリフで

「いろんな猫🐾」

を描いてみたいと思います♪

概要

①古代エジプト語の「猫」を描く🐾

②日本語の「猫」を描く🐾

③英語とフランス語の「猫」を描く🐾

④ペットの「タマ」の名前を描く🐾

スポンサーリンク

①エジプト:IWYT🐾

ネコ

まず、これが

「猫のヒエログリフ」です。(ΦωΦ)

(いわば、「猫グリフ」♪)

でも、

この「猫グリフ」単体では

「ネコ」を表しません。

「猫グリフ」はあくまで

漢字の部首のようなヒエログリフなので、

単体では単語を表せないんです。

(いわば、「部首グリフ」♪

漢字の「猫」

「意味」を表す「犭」

「発音」を表す「苗(ビョウ)」

作られているのと同じように、

ヒエログリフでも

「意味」「発音」

「両方」を表さなければ

ならないんです。

なので、次のように

つづらなくてはなりません。 

ミウうずらカラー

「I」「W」はいいですね。

よく使う発音表記のヒエログリフです。

しかし、

最初のヒエログリフは

あまり見慣れませんね…。

でも実はこれ、

一字で「ミ」の発音を

表しているんです。

何だか「仮名」みたいな

ヒエログリフですよね。(ΦωΦ;)

そして、最後の

尻尾のようなヒエログリフが

「犭(けものへん)」

相当する「部首グリフ」なんです。

なので、

これらを無理やり転写すると

IW(ミウ)

になります。

何だか斬新な文字遣いに

なってしまいましたね(笑)

それにしても、

何だか発音が「英語」

「ネコの鳴き声」である

「Mew(ミュ〜♪)」を思わせます。

Mew🐾

また、「中国語」

「猫」とも似ていますね。

「mao」という「発音」まで

そっくりです。(ΦωΦ)

×苗(mao)

ところで、

「うずら」ですが、

「渦」と同じ「W」なので、

「渦」に変えてもOKですよ。

ただし、使用例としては

ないみたいです。(ΦωΦ)

ミウカラー

それと、「犭」の代わりに、

先程の「猫グリフ」

「部首グリフ」に使うのもOKです♪ 

ミウうずらカラー猫赤 ミウカラー猫赤

ただし、これらはあくまで

「猫♂」なので…、

「猫♀」をつづる場合は…、

YT(ミト)

とつづらなければなりません。

ミトカラー

「猫♂」と違って、

「I」「Y」になっています。

また、最後の「T」ですが、

この場合は「♀」を表しています。

もちろん、「猫♀」にも

「猫グリフ」が使えます。

ミトカラー猫赤

ただ、キレイに描くには

「レイアウト」に工夫が必要です。

私は「T」を猫グリフの

後ろに移動させてみました♪

(使用例としてはないんですけどね…)

ところで、

この「猫グリフ」ですが…、

実はこれ、

「最古のネコ文字」なんですよ♪

ヒエログリフにもなっている

このネコは

「リビアヤマネコ」

というネコで、

「イエネコ」のルーツの

「ヤマネコ」なんです。

今もエジプトに生息しています。

その外見はあの

「エジプシャンマウ」

と瓜ふたつです。

是非画像検索して

比べてみて下さい♪

(ΦωΦ)

また、

エジプトの豊穣の女神

バステト神」は…、

この「リビアヤマネコ」

モデルとしています。

だから、

「世界最古の猫神様」

「エジプト原産」

ということになるんですね。

(ΦωΦ)

②日:NKNeKo🐾

さて、今度は

「日本語」「ネコ」

ヒエログリフでつづってみましょう♪

つづり方は「3種類」考えられます。

(ΦωΦ)

 

1,古代エジプト風

ネコカラーnekoカラー猫

NK×犭(猫)

「ねこ」

ヒエログリフは

「ローマ字ではない」ので、

こうつづるのが〜、

「古代エジプト風」♪

また、下の「ローマ字風」と違い、

「部首グリフ」が

「読み」の特定までするので、

「+」でなく「×」になります。

ちなみに、

「学者読み」で読むと、

「ネク」(日本式)と

「ノコ」(フランス式)になります。

でも、日本語をつづる場合は、

古代エジプト語と違って、

「発音がわかる」ので、

読みは「ねこ」でOKです。

2,ローマ字風

neko2カラー
neko2カラー猫

NeKo犭(猫)

「ねこ」

一番「カンタン」なつづり方ですね。

文字を重ねたりして

「レイアウト」に工夫を加えると

キレイに描けます。

3,絵文字風

ネコ

「ねこ」

古代エジプト語では

「猫グリフ」一字では

「猫」を表しませんでした

でも、日本語なので、

これも「あり」でしょう。(ΦωΦ)

③英仏:CaTChaT🐾

次に「英語」「フランス語」

「猫」をつづってみましょう♪

といっても、両者は

「ヒエログリフ」で転写すると、

偶然にも「同じ」になるんです。

chat犭chat猫

英:CaT犭(猫)

仏:ChaT犭(猫)

理由は「緑」のヒエログリフが

「CとCh」両方の転写に

使われるからです。

ちなみに、フランス語の猫は

「Chat(シャ)」と読みます。

くしくも、

英語の「チャット」

同じつづりになります。

まさに「おしゃべりネコ」ですね。

(ΦωΦ)♪

TaMa猫)タマ (ΦωΦ)🐾

最後に、

「ペットのネコ」の名前を

描いてみましょう♪

ただし、古代エジプト人は

猫に名前を付けていなかったのか、

参考例はありません。

でも、自分の名前を書く要領で

「カンタン」につづることが出来ます。

(ΦωΦ)

それでは、早速、

つづって行きたいと思います♪

まず、「固有名詞」なので、

「一般名詞」の「ネコ」と違って

「猫グリフ」しか使えません。

「タマじゃ「犬」の名前

かもしれませんからね(笑)

tama?

TaMa

また、「♂♀」の区別ですが…、

ヒエログリフでは、

先に挙げた「T」以外に、

「♀」を意味するものとして

「タマゴ」が使われることが

よくありました。

「え?タマゴ!?」

って思いますよね?

確かに「哺乳類」には

使いづらい印象があります。

でも、あの「女神イシス」

「クレオパトラ」の名前にも

「♀」を意味するものとして

添えられていたんですよ。

何より、「T」だと

「発音表記」と混同するので、

「象徴的意味」も込めて

「タマゴ」の方がいいと思います。

(ΦωΦ)

「ポケモン」なら

「ニャース」も「エネコ」も

「ニャルマー」も、み〜んな

「タマゴ」から生まれますからね(笑)

というわけで、

早速「タマ(猫)

つづってみました♪

猫界の「太郎&花子」です。(ΦωΦ)♪

tama♂

TaMa(猫)(♂)

tama♀

TaMa(猫♀)

また、つづり方は

「古代エジプト風」でも

「ローマ字風」でも

どちらでも構いません。

でも、ここは「固有名詞」なので

「ローマ字風」の方がいいと思います。

(ΦωΦ)

というわけで、今日はこの辺で。

それでは、また次回、

お会いしましょう!(ΦωΦ)/

↓↓「黒猫バージョン」はこちら🐾

miw00

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★「もじ部や」では文字グッズを販売しています。興味のある方は★SHOPまで