英語は表音文字じゃないの!?表音文字が表音たる所以とは何だろう?【移転記事】

*この記事は

旧サイト「文字部スクリプタ」

からの移転&リニューアル記事

になります。

どうも、ぺのっぺです。

(への)/

今日は英語のスペルについて

考えて行きたいと思います。

前回、表音・表意・表語について

ざっくり見て行きました。

でも、具体例に乏しかったので、

今回は「英語」を例に

「表音文字」とは何なのか?

見て行きたいと思います。

(への)/

スポンサーリンク

ローマ字と英語は別人格

さて、みなさんは

英語のスペルをどのように

覚えたでしょうか?

私は

「light・night・knight」

というふうに、

同じ綴りのあるものを

グループにして覚えましたね。

(への;)

「igh」族とでも言えましょうか。

他にも「fight」「kight」などがそうです。

でも、これって変じゃありません?

英語は表音文字の

「アルファベット」

使っているんですよね。

表意文字は

「数字」や「顔文字」を除いて

使っていないはずです。

確かに、「o」が「ハグ」で

「x」が「キス」だとかはありますけど、

あくまで「表音文字の使い手」ですよね?

何より、私達がこうして

タイピングに使っている

ローマ字と同じ「26文字」のはずです。

そりゃ、私、はじめの記事の方で

「言語が違えば別文字である」

とは言いましたけれども、

あまりに何かが決定的に違いますよね?

そう、何だか

A さん
英語は表音文字じゃないんじゃないか?

みたいな不気味さがしません?

だって、「igh」族なんてまるで、

「漢字の部首」みたいじゃないですか!

こんなんで、

「表音文字」って言えるんでしょうか?

その証拠に英語には

「発音記号」がありますよね?

ちょうど、漢字に振る

「フリガナ」みたいに。

いくら正確な発音を書く必要が

「ない」からと言って、

「発音記号」が必要なのは、

どうにもおかしくありません?

とにもかくにも、

英語のアルファベット26文字と

日本語のローマ字26文字が

「別人格」であることは

確かなようです。(への;)

英語は音声を綴れない!?

表音文字はその名の通り

「音声」を綴ります。

ですから、

「単語」の書き取りだけでなく、

「音声」の書き取りが出来てこその

「表音文字」だと言えます。

例えば、日本語のローマ字は

言語化できない音声単体の羅列を

綴ることが出来ます。

aaaaaiiiiiuuuuu

日本語という

「言語」を参照しなくても

「音声」を表記できるんですね。(への)

対し、英語のアルファベットでは

こうした「音声」の書き取りは出来ません。

どうしても、

英語という「言語」を介さずには

表記できないんです。(への;)

errrrreeeeeeoooooo

それは何故なのか?

以下、英語のアルファベットが

音声の書き取りができない原因とともに

考えて行きたいと思います。

Aのかげぶんしん!!

日本語のローマ字と

英語のアルファベットの最大の違いは、

「文字の読みの多さ」です。

ローマ字には

ヘボン式・日本式などありますが、

基本それぞれ「一字一音」

発音が統一されています。

ローマ字の「A」はどんなときも

「ア」一音を指し示します。

そのため、

単語のスペルを綴らなくとも、

文字レベルで「ア」の音を

「A」と綴ることが出来るのです。

対し、英語のアルファベットは

「一字多音」です。

「A」ひとつに、

「Apple」の「æ」

「And」の「ə」

「wAter」の「ɔ」

など多くの発音が割り当てられています。

そのため、

「A」と書いただけでは、

どの「Aの音」かわかりません。

単語のスペルを綴らないと、

どの「Aの音」なのか

特定できないからです。

表音文字なのに、

文字単位ではなく

単語単位で文字の発音が決まる!

そのため、単語から独立した

音声そのものを表記しようとすると、

スペルによる音声の特定がないので

表記不能に陥るんですね。

できたとしても限定的!

errrrrrrr

表音文字なのに

どうして発音記号が必要なのか?

その理由はココにあるわけです。

何より「igh」族のような

特異な発想が出てきてしまうのも

これのせいなのです。

*ちなみに、

「c・k・q」のような「一音多字」は、

ちゃんと「一音」を指し示せるので、

音声の書き取りに支障をきたしません。

ローマ字も色々な綴方がありますが、

タイピングを見てもわかる通り、

結果として「一音」が出力されるなら

問題ないんです。

「ク」=cu・ku・qu

不完全表音文字

「一字多音」でも

広い意味では、表音文字に含まれます。

しかし、「一字多音」では

単語への依存度が高くなり、

音声単体を綴るのに不便なんです。

確かにどんな表音文字でも、

単語を綴れば、ある種、

表語文字化します。

イタリア語のアルファベットもそうですし、

日本語のローマ字や仮名だってそうです。

それでも、

「表音文字」といえるのは

単語だけでなく、

音声(非単語や外国語など)

を表記できるからです。

ところが、

英語のアルファベットは

「一字多音」が多いため、

スペルに強く依存していますし、

そのスペリングまで

不規則(多規則)なものが多いです。

スペルが多規則だから

一字多音なのか…

一字多音だから

スペルが多規則なのか…

(への;)

だからといって、

「表語文字」

というわけではありません。

表音文字も表意文字も表語文字も

最終的には「単語を表す」わけですから、

単に発音表記が「不完全」としか言えません。

言うなれば、

「不完全表音文字」です。

表語文字よりの表音文字

といった感じですね。(への)

まとめ

●日本語のローマ字は

「一字一音」

「A」=ア

だから、

文字単位で

発音が決まる!

そのため、

音声単体の表記が容易い!

いわば、「完全表音文字」

○英語のアルファベットは

「一字多音」

「A」

=/æ/・/ə/・/ɔ/…

だから、

文字単位では

発音が決まらない!

単語単位で

発音が決まる!

そのため、表音文字なのに

音声単体の表記が難しい!

いわば、「不完全表音文字」

以上、今日は表音文字について

英語のアルファベットと

日本語のローマ字の違いから

見て行きました。

同じ26文字でも

表記言語や発音の違い、

スペリングの仕方によって

こうも別物と化すわけです。

(への;)

さて、次回は「漢字」についてです。

創作文字関連から少し寄り道しますが、

よろしくお願い致します。m(_ _)m

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント♪

  1. 中山 より:

    大変面白く拝読しました。イギリスは長いことフランス系の王室に支配されていて、上流階級ではフランス語が使われていたことが大きな原因ですね。
    少し気になったのは、Cが一音多字で問題無いというように書いてありますが、例えば
    cease の c の発音は s です。ラテン語からフランス語を経由したcはsの発音です。
    ラテン語でCaesarはカエサルですが、英語ではシーザーです。

    • ぺのっぺぺのっぺ より:

      中山さん、コメントありがとうございます。(への)/
      返信遅れてすみません。m(_ _)m

      ご指摘の通り、「C」の[一音多字]の記述には、
      不備がありました。m(_ _)m

      ローマ字における、
      「c・k・q」の[一音多字]を取り上げたのですが、
      「ク」の発音を表す場合のみ例示して、
      「問題ない」と記述してしまいました。

      また、前後の文脈を見ると、
      ローマ字ではなく、英語における「c・k・q」が問題ない、
      という風にも読めてしまう書き方でした。

      すみません。m(_ _)m

      ここでの記述の意図としては、

      [一音多字]が〈一字多音〉と違って、
      音声の書き取りを破綻させるものではない、

      ということの例として添えたかった
      だけだったのですが…、

      どうやら藪をつついて
      蛇を出してしまったようです…(汗)

      まさに蛇足でした!m(_ _)m


      「c」はローマ字の[一音多字]の例としても
      不完全でした。

      ワープロ式ローマ字では、
      「ci」は「ci(し)」、
      「q」も「qi」が「qi(くぃ)」と変換されます…。

      あくまで、「ク」の発音に限定したときだけ、
      「k」との間で[一音多字]の関係なのであって、
      「c・q」は基本〈一字多音〉の文字でした。

      問題ありありでしたね。orz

      huzi:fuji

      あたりが例としては、まだ良かったかも知れませんが、
      「zi=じ」は・・・英語学習後だと判断の分かれる所…。

      ただ、誤解しないで頂きたいのが、
      「c・q」が〈一字多音〉でもあるからと言って、
      [一音多字]が音声の書き取りを破綻させるわけではない
      ということです。

      なぜなら、[一音多字]は、
      日本の変体仮名のように、好きな文字を選んで並べても
      自他ともに読めるからです。

      coko cala = koko kara

      [一音多字]でも「ここから」と読める!


      ただ、一方で、ローマ字においては、
      「c・q」が〈一字多音〉であっても、
      音声の書き取り自体は破綻せずにできるんです。

      でも、おそらくこれには2つ理由があるように思えます。

      1,
      「c・q」が「し」や「くぃ」などの異音になるのが、
      単語ごとに不規則に決まるのではなく、
      イ・エ段などの母音レベルで規則的に決まっているから。

      ca(か) ci(し) cu(く) ce(せ) co(こ)
      qa(くぁ) qi(くぃ) qu(く) qe(くぇ) qo(くぉ)

      2,
      【一字一音】のセット(50音)が
      すでに一式出来あがっているから。

      例えば、カ行は専ら、「k」を使って表されます。
      「k」は「c・q」と違って、【一字一音】の文字。

      だから、「c・q」のような
      〈一字多音〉の文字と併用されいても
      【一字一音】の「k」が補えてしまうため、
      カ行の書き取りは破綻しないのではないか。


      でも、これはつまり、ローマ字というよりは、
      日本語自体が自身の発音を網羅できる
      【一字一音】のセットを一式持てている
      ということでもあります。

      そう考えると、
      ローマ字が【一字一音】だからというよりは、
      日本語の50音のおかげなのかもしれません。

      対し、英語は、「発音記号」が
      作られたことからもわかる通り、
      一式を持てていませんし、

      仮に持とうとしたら、あれだけの文字種を
      足さなければならなくなるわけですからね。

      何より、英語の場合、
      過去との文献上の互換性が失われます。

      表音文字とは言っても、文字として使われる以上、
      単語表記とその保存が第一目的なので、
      そうしたことは、そうそう行えませんよね。

      対して、日本語のローマ字は、
      英語やイタリア語などとも違って、
      それだけで単語を書き分けようというものではありません。

      なので、「単語表記」ではなく、
      むしろ、「発音表記」の方が第一目的になります。


      p.s.

      おっしゃる通り、英語の「c」は
      かつてのフランス語の影響で〈一字多音〉ですよね。
      有名なノルマン・コンクエストによるものです。

      英語もそれ以前の古英語の時代は
      イタリア語やドイツ語並に規則的な綴だったみたいですけど…。

      もちろん、一律なスペリングが決まってたわけじゃないので
      同じ単語でも何通りか書かれた例はありますが、
      いくら一律でも不規則な現在の綴より、幾分かマシだったかも知れません…。


      でも、英語の「c」はまだ規則的な部類ですよね。

      「ghoti(=fishと読める)」
      の例に代表されるような
      不規則なスペリングには、ほとほと手を焼きましたし…。orz