英語が書ける万葉仮名を改良しました!

どうも、ぺのっぺです。
(。へ のッ)/

英語が書ける万葉仮名を
改良してみたので、
今日はそれを発表しますね!

大幅に修正したので、
新しく記事にしました。

スポンサーリンク

万葉仮名とは?

『万葉集』に使われていた仮名
なので「万葉仮名」といいます。

日本語をはじめて表記した文字で、
すべて「漢字」なのに
中身は「仮名」なんです。

見た目は漢字!中身は仮名!
それが万葉仮名!

ちなみに、「令和」の元号は
万葉集から来ていますよ♪

さて、その特徴は4つ!

零 すべて漢字(の見た目!)
阿伊宇江於=アイウエオ

壱 濁点・半濁点がない!
カもガも「加」!

弐 「ッーン」もない!
ッはツ・ンはムの万葉仮名

参 同じ仮名に複数の漢字!
ウ=宇于有 どれよ?

〜〜〜

なので、ともかく覚えるのが
とっても大変なんです…orz

英語用だからカンタン♪

しかし、英語用ならば!・・・
いや、英語用だからこそ!

 覚えやすい♪

たったの26文字♪
+&@だけ!

それでは、1つ1つ
見ていきましょう(。の へッ)/
形重視で選びました♪

〜〜〜

丹=A 形が似てる!

乃=B 形が似てる!
万葉仮名では「の」の仮名

匠=C 形が似てる!
+斤=Kとセット!

刀=D 形が似てる!
万葉仮名では「と」の仮名

巨=E 形が似てる!

干=F 形が似てる!
+于=Vとセット

瓦=G 形が少し似てる!
+瓦斯(ガス)を意識

=H 形が似てる!

工=I 形が似てる!

了=J 形が似てる!

斤=K 形が少し似てる!
+匠=Cとセット

入=L Lの小文字の筆記体に
形が似てる!

川=M 小文字に形が似てる!

几=N 小文字に形が少し似てる!
几帳面の几の字

口=O 形が似てる!

尸=P 形が似てる!

甲=Q 形が少し似てる!

尺=R 形が似てる!
+尺(しゃく)=Ruler(定規)

与=S 形が似てる!
与は新漢字 旧漢字は「與」で
万葉仮名では「よ」の仮名

丁=T 形が似てる!
+丁字路=T字路

凹=U 形が似てる!

于=V 「干=F」と形が似てる!

「干=F」と「于=V」はセット!
「Leaf ⇒ Leaves」のように
スペル上で連携してるから!

ちなみに「于」は万葉仮名では
「う」の仮名

山=W 形が似てる!

及=& 形が似てる&意味も近い!
グレートブリテン及び
北アイルランド連合王国

United Kingdom of Great Britain
and Northern Ireland

文=X 形が少し似てる!

羊=Y 形が少し似てる!

乙=Z 形が似てる!

囘=@ 形が似てる
囘は回の別字でこちらの方が
目立つので@向き

〜〜〜

以上で全部です。
ただし2点補足です。

1,了丹尸丹几=JAPAN
なのですが、終了の了の字と
尸(しかばね)で出来ている
ので意味上良くないです。

そこで、

子丹戸丹几=JAPAN
形の似ている「子」と「戸」を
使う手があります。

仮名とはいえ、意味の連想が嫌な場合は
是非お試しください。

戸の字を天(あま)の岩戸に見立てると
日本っぽく見えると思います。

それに、「子=J」だと
「子巨与凹与=JESUSジーザス
⇒神の子」
となって、
英語の意味上でもピッタリはまります。

2,于=Vについて

「V」と似ている漢字は凹ですが
すでに「U」に使われています。

于は「Leaves」のように
「F」と「V」の交換が起きてる語には
ハマりますが、
それ以外だと合いませんからね。

そこで、
「U」か「V」かを文脈で判断して
入口于巨⇒入口凹巨(LOVE)

と表記する手があります。

UVカットなど除いて、
文脈で判断出来ますからね。

ローマ字も書ける!

英語用の26文字はそのまま
ローマ字日本語にもなります!

しかも、ローマ字だから
濁音・半濁音やッーンまで
区別可能!

丁口斤羊口=TOKYO
口与丹斤丹=OSAKA
几丹口羊丹=NAGOYA

参考までに「あをによし」の歌を
載せておきますね(の へ)/

丹山口几工羊口与工
几丹尺丹几口川工羊丹斤口
与丹斤凹丹几丹几田
几工廾口廾凹瓦丹瓦口丁口斤凹
工川丹与丹斤丹尺工几丹尺工

あをによし
ならのみやこは
さくはなの
にほふがごとく
いまさかりなり

青丹吉
寧樂乃京師者
咲花乃
薫如
今盛有

ついでにいうと、
縦書きもいけるので、
短冊に英語やローマ字で
和歌を読むのにもオススメです。

漢字の単語も混ぜれる!

そして、
漢字の単語(漢字で書く和語や漢語)
を混ぜるのもあり。

通常、英語に漢字を混ぜると、
そこだけ馴染みません。

I go to 東京 from 大阪 at 10:00.

浮いちゃいます のへ;

でも、英語用万葉仮名なら
すべてが漢字の見た目!

工瓦口丁口東京干尺口川大阪丹丁十時。

工 瓦口 丁口 東京
干尺口川 大阪 丹丁 十時。

なので馴染んじゃいます♪
ついでに数字も!

これはもちろん、
ローマ字でも同じですよ!

乃口斤凹丹十時几工大阪斤丹尺丹
東京巨行斤凹。

結構カオスですけどね・・・笑

まとめ

壱 26文字で覚えやすい♪

弐 ローマ字も書ける!

参 混ぜ書きもOK(縦書きも)

以上、英語が書ける万葉仮名でした。

というわけで、今日はこの辺で!
それでは、また次回(の へ)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント♪

  1. Mizuho Yagoto より:

    とても興味深い記事です。
    戦争中に敵国後(英語)の使用が制限されていた状況でこの方法を使用していた人が世の中にいたのではないかと思います。
    漢字を知らない外国人でも、文字の対応表を渡しておけば文章作成・解読ができますね。

    私たち人間の脳は本当に不思議で、例えば「英語」という文字を見ただけでその文字の意味がすぐに分かります。
    今回ぺのっぺさんが考えた1対1の対応表を超えた話になりますが、「瓦口」という文字を見た時に脳内で「瓦口」→「go」という変換を介さずに「瓦口」の意味を理解することは、人間の言語習得過程を考えれば十分に可能ではないかと思いました。

    • ぺのっぺ より:

      Mizuho Yagotoさん。コメントありがとうございます。
      (。へ のッ)/

      >>戦争中に敵国後(英語)の使用が制限されていた状況でこの方法を使用していた人が世の中にいたのではないかと思います。

      戦前、石川啄木がローマ字で浮気の日記をローマ字で
      つづったりしてたので、戦中ももしかしたら英語万葉のような秘密の書き方をしていた人がいたかもしれませんね。

      >>漢字を知らない外国人でも、文字の対応表を渡しておけば文章作成・解読ができますね。

      日本人にだけ読めないフォント:エレクトロハーモニクス(Electroharmonix)というのがあります。
      https://web.quizknock.com/nihonjin-yomenai

      日本語の文字をベースに作られており、
      日本人だとカタカナや漢字を引きずって読めない
      というコンセプトです。

      なので対応表さえあれば、ローマ字圏の人の方が
      すぐに慣れて使えるようになるかもしれません。

      日本人ですと、はじめはどうしても漢字を引きずっちゃいますからね。

      >>「瓦口」という文字を見た時に脳内で
      「瓦口」→「go」という変換を介さずに「瓦口」の意味を理解することは、人間の言語習得過程を考えれば十分に可能ではないかと思いました。

      おっしゃるとおり、慣れてくるとゲシュタルト化して、直で読んだり書いたりできるようになります。

      はじめはどうしても漢字を引きずりますが、
      自分も慣れたら直で読み書きできるようになりました。

      とくに、英語はtheとかonとかofとかよく使われる単語のゲシュタルトができるとだいぶ読み書きできるようになると思います。

      なので、是非、いろいろと使ってみてください♪
      漢字変換が面倒ですが、面白いと思いますよ。
      (。の へッ)/