創作文字をする前に③さあ、文字で何を残すのか選ぶんだ!【移転記事】

Pocket

*この記事は

旧サイト「文字部スクリプタ」

からの移転&リニューアル記事

になります。

どうも、ぺのっぺです。

(への)/

今日は残りの

「③表音か表意か表語」

について考えて行きたいと思います。

これを考える際のポイントは

文字が言葉にまさる役割とは何か?

を見ることです。

以下メリット・デメリットに分けて

見て行きましょう!(への)/

スポンサーリンク

「表音文字」とは!?

ズバリ!

「言語を発音単位に切って表記する文字」

言語:/dˈɔːg/  事物:🐶

    ↑(表記)

文字:「D/o/g」(発音単位)

使用者は

文字と発音との結び付きだけを学習し、

文字の表す発音を言語と結び付けることで、

内容を読み書きする。

そのため、他の2つに比べ

言語の発音を残すことに長けています。

例)アルファベットや仮名など

<メリット>

①発音を表記できる!

正確な発音を書かなくてもいい!

<デメリット>

①文字自前の概念がない!

②表記してる言語が残らないと

「意味」を残せない!

メリット①発音を表記できる!

後述しますが、

表意文字には発音がなく、

表語文字には発音はあるものの、

発音単位での表記ではありません。

なので、表音文字は、

三者の中で唯一、

発音を表記できる文字なんですね。

メリット②正確な発音を書かなくてもいい!

発音表記が特徴の

「表音文字」ですが、

「発音記号」ではありません。

あくまで、

事物を単語として区別し、

表記するためのものです。

なので、単語を特定できるなら

正確な発音を書く必要がないんです。

発音表記を多少違えても

母語話者であれば、

容易に読みを再現できてしまいます。

例)「water」/wˈɔːṭɚ/

デメリット①文字自前の概念がない!

「表音文字」はあくまで

音声言語の書記です。

なので、

言葉の影に過ぎません。

どんなに美しい飾り文字も、

意味そのものは、その言語を

投影したものに過ぎないんです。

そのため、文字単体では

意味の関連付けが出来ないんですね。

(への;)

表意文字や表語文字とは対照的!

デメリット②表記言語が残らないと「意味」を残せない!

「表音文字」は

「意味」を残せません。

「意味」が読み取れるのは、

あくまで表記してる言語

残っていることが前提です。

そのため、

千年後に遺跡で発掘されても、

その言語が残っていなければ、

「音の羅列」としか認識されないんです。

(への;)

「表意文字」とは!?

ズバリ!

「事物を直接表記する文字」

言語:/dˈɔːg/  事物:🐶

         (表記)↑

文字:「Dog」(翻訳)U^ェ^U

使用者は

文字と事物との結び付きを学習し、

文字の表す事物の概念

自身の言語に翻訳することで、

内容を読み書きする。

そのため、言語を越えて

「意味」を伝えることが出来ます。

例)アラビア数字や数式

絵文字や顔文字など

例えば、アラビア数字や数式は

どの言語にも属さない

ある種の文法を持っています。

(位取りや演算符号など)

また、顔文字は、

国による違いはあるものの、

「表情」という

言葉いらずの意味を表しています。

<メリット>

言えなくても読める!

②表音文字や表語文字を作れる!

<デメリット>

①作れるものが限定的!

②言葉を残せない!

メリット①言えなくても読める!

発音できない外国語でも

数字や顔文字なら「意味」が取れます。

「発音はわからない、

だけど意味は読める!」*

これこそ「表意文字」の特徴ですね。

(への)

まあ、そもそも表意文字は

発音する文字ではないので、

発音がわからない必要もないわけですが…。

ただ、

「アラビア数字」だけは

意味を読み取る都合上、

それぞれの言語の発音に

読み下す必要があります。

メリット②表音文字や表語文字を作れる!

「2」「two」と読めば

単語を表す表語文字。

対し、

「2U(to you)」

「2」の意味がないので、

「表音文字」になります。

デメリット①作れるものが限定的!

「数字」ならまだしも、

表意文字は言語を介さないので、

作れるものが、かなり限定されてしまいます。

また、顔文字や絵文字など

使用も限定的です。

デメリット②言葉を残せない!

言語を記録できないので

言葉が残りません。

骨のように言葉を超えた

「意味」だけが漠然と残ります。

(への;)

例えば、「数式」

世界中の言語で読まれていますが、

世界中の言語を表記している

わけではありません。

なので、

千年後に数式だけ発見された場合は

その数式が未来語で解読され、

その未来語で読まれるんですね。

また他にも、顔文字などは、

洞窟壁画のように残ったとしても、

その言語のことを伝えてはくれません。

<顔文字遺跡>

(^^) U^ェ^U (=^・^=)

まさに「黙読」!

「表語文字」とは!?

ズバリ!

「言語を単語単位に切って表記する文字」

言語:/イヌ/  事物:🐶

       ↑(表記)

文字: 「犬」(単語単位)

使用者は

文字と単語との結び付きを学習し、

文字の表す単語でもって

直に内容を読み書きする。

そのため、先の2つに比べ、

単語を直に書き、直に読むことが

出来るんです。(への)

例)漢字や漢数字など

<メリット>

①発音と意味の二刀流!!

文字と言語が対等!

<デメリット>

①単語数=文字数!

②覚え切れない・作り切れない!

メリット①発音と意味の二刀流!!

「単語」には、

発音と意味の両方があるので、

片方ずつ当てて使うことが出来ます。

例)当て字

瓦斯(ガス)

「発音」(表音的)

果蜜(シロップ)

「意味」(表意的)

こうして、ある単語の発音や意味を

別の単語の表記に当てられるのは、

「表語文字」ならではの芸当ですね。

メリット②文字と言語が対等!

「表音文字」と違って、

「表語文字」は言語の影ではありません。

そのため、

文字が自前の意味カテゴリーを

持つことが出来ます。

例えば、漢字の「木偏」。

単語の発音上では

木のカテゴリーがないのに、

漢字にすることで、

木のカテゴリーがハッキリとします。

サクラ マツ ウメ

 桜 松 梅

つまり、漢字は、漢語や和語とは

また「別の辞書」を持っているんですね。

そのため、

意味の関連付けや単語の連想が

文字と言語の両面から行えるんです。

デメリット①単語数=文字数!

「表語文字」にも

「発音」はあります。

でも、発音単位ではなく、

「単語単位」での表記なため、

単独で使用する場合は、

単語の数だけ

文字が必要になるんです。

でも、その数は膨大!

漢字の部首のようにして

派生文字を作ったり、

熟語などを駆使したとしても、

単独で使用できるだけの

「数」を揃えるのは大変です。

やはり、

「表音文字」と併用する

などしないと、

日々生まれて来る単語に

文字製作が追い付かなくなり、

単語を表記し切れなくなります。

実際、日本語は、

二刀流で作った仮名を

漢字と併用しています。

漢字だけでは日本語を

表記できないからです。

ちなみに、万葉仮名は

漢字の外見ですが、仮名です。

デメリット②覚え切れない・作り切れない!

漢字の部首のように

「組み合わせ」

覚えられる面もありますが、

それでも、表音文字と比べると、

どうしても覚えるのが大変になります。

(への;)

何より、単語数には

上限がありません。

有限個の表音文字と比べると、

無限大の可能性には満ちているものの…、

その分、どうしても作り切れず、

覚え切れなくなってしまうんです。

まとめ

●表音文字は言葉の影!

⇒言葉を読む!

○表意文字は言葉いらず!

⇒言葉で読む!

◎表語文字はもう1つの言葉!

⇒言葉と読む!

以上、今日はざっくりと

三者比較をして参りました。

次回はもっと具体的に

見て行きたいと思います。

それでは!(への)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

「もじ部や」では文字グッズを販売しています。アクセスはMENU#から★SHOPへどうぞ〜