創作文字を作る前に①書字方向ひとつで新しい文字が作れる!【移転記事】

Pocket

*この記事は

旧サイト「文字部スクリプタ」

からの移転&リニューアル記事

になります。

どうも、ぺのっぺです。

(への)/

さて、オリジナルの文字を作るときは、

前もって、最低以下の3つは

決めておきましょう!

闇雲に作っても

模様の集合になりかねませんし、

後で整理するのも一苦労です。

(への;)

①書字方向

②言語(並び順)

③表音か表意か表語か

今日はそのうちの

「①書字方向」について

考えて行きたいと思います。

スポンサーリンク

書字方向

実はこれ、意外と大事なんです。

文字のデザイン自体が変わります。

さて、文字のデザインと聞いて、

それはカリグラフィーに入るのではないか?

と思われた方、流石です。(への;)

しかし、

グフさん

カリグラフィーとは違うのだよ! カリグラフィーとは!

残念ながら、

「書字方向」は

カリグラフィーには入りません。

確かに、「書字方向」は、

文字のデザインと密接に関わりますが、

カリグラフィーよりも

さらに「大きい単位」なんです。

何より「書字方向」が変わると、

その文字の別デザインの域を

超えてしまいます。

なので、カリグラフィーには入らないんです。

そもそも、

「書字方向」を変えるだけでしたら、

別のデザインや書体にする

必要がありません。

そのことからも、

「デザインとは別の要素」であることが

お分かり頂けるかと思います。

書字方向ひとつで「新しい文字」が創れる!!

逆に言えば、

「書字方向」ひとつ変えるだけで

「新しい文字」が創れてしまうんです!

何より、「縦書き」と「横書き」とでは

筆運びや字の連なりが異なって来るので、

おのずとデザイン変更のポイントも

見えて来ます。

*もちろん、

筆記媒体に筆を指定しないような

非手書きの飾り文字の場合は

異なりますが…、

その場合でも、

書字方向を変えてみるだけで

異なるデザインが見えて来ますよ!

書字方向は「十字キー」!!

さて、話を戻しますと、

書字方向はズバリ

「十字キー」です。

もちろん、「十字キー」と言っても

コントローラーではありませんよ(笑)

「十字キー」と申しましたのは、

「書字方向」には

「上下左右の4種類」

があるからなんです!

○上から下に:雨の滴るように 

レア度★★★☆☆

ex,仮名・漢字・モンゴル文字.etc

●左から右に:マリオの進む方へ 

レア度★☆☆☆☆

ex,仮名・漢字・ほとんどの文字.etc

●右から左に:舞台の上座から下座へ 

レア度★★☆☆☆

ex,アラビア文字・ヘブライ文字・

古い看板の仮名・漢字.etc

ここまでは、

まだまだ常識の範囲ですね。

(への)

○下から上に:天に昇るハシゴの如く! 

レア度★★★★★

ex,オガム文字、卒塔婆の文字の2つ!

ご存知の方もいるかもしれませんが、

アイルランドの古い文字、

「オガム文字」は、

「下から上に」書くんです。

そして、お墓の卒塔婆に書かれた梵字、

「アバラカキャ」と昇って参ります。

まさに、「エンジェルラダー」、

「拝む文字」なわけですよ(笑)

ちなみに、この2種類しかありません。

詳しくはこちらの記事で!

まとめ

○上から下に

●左から右に

●右から左に

○下から上に

以上、「書字方向」のお話でした。

m(_ _)m

流石に全書字方向の文字はありませんが、

実は日本語には古い看板を含めると、

上の3つの書字方向があるんです。

これは、世界史的に見ても

ヒエログリフなど少数しか例がありません。

もちろん、

古い看板を入れれば、

の話ですが。(への;)

さて、みなさんは、

どの書字方向を選びますか? 

私のオススメは

アルファベットの縦書き体ですね。

(への)

モンゴル文字などを参考に

デザインしてみると、

お洒落で面白いと思いますよ!

P.S.

さすがに、レア度★★★★★

挑まれる方はいらっしゃいませんよね。

「逆立ち」しても、

作るのが難しそうですし…。

(への;)

ちなみに、私もまだ作れてません(笑)

ただ、もしこれを創れれば、

「世界観」自体が変わること

間違いなしです。

「逆さメガネ」しかりですが、

何らかの作品世界を構築する際にも、

こうした「書字方向」は、

作品の世界観や宗教観を彩る上で

重要なファクターとなって来ます。

中でも「下から上」

個性が半端じゃないです。

(への)

作るのが難しい分、

オリジナリティーも強いですし、

作品世界の宗教観なども、

反映させやすいです。

何せ、「天に昇る方向」

なわけですからね(笑)

つまり、

「文字から世界観を創る」

ということです。

そのことについても、

このブログで考察して行きたい

と思いますので…、

以後よろしくお願い致します。

m(_ _)m

独断込みで色々申し訳ないですが、

何かの参考になって頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

「もじ部や」では文字グッズを販売しています。アクセスはMENU#から★SHOPへどうぞ〜