「音読み・訓読み」で印象の変わる熟語たち!

どうも、ぺのっぺです。

(への)/

今日は音読み訓読み

印象の変わる熟語を集めてみました♪

大雑把ですけど、

グループに分けてみたので、

順番に見て行きましょう!

(のへ)/

スポンサーリンク

音訓で印象が変わる!?

大きい・小さい

まずは、コチラ!

音訓で変わる印象は

その「大小」です!

①草原

:ソウ・ゲン

:くさ・はら

例えば、この「草原」

「音読み」だと、

「大草原」が浮かびますが、

「訓読み」だと、

「小さな原っぱ」の印象ですよね。

大草原の小さな家

草原(くさはら)の小屋

②牧場

:ボク・ジョウ

:まき・ば

次に、「牧場」

音読みだと、オッケー牧場とか

広いイメージがしますけど、

訓読みの「まきば」だと

全体が見晴らせる小さな印象ですよね。

ただ、牧場名は基本、

「音読み」です。

〜牧場(○ボクジョウ ×まきば)

牧場(まきば)の朝

*一部訓読み

次はコレ!

一部、音訓を読む替えるもの。

③工場

:コウ・ジョウ

:コウ・ば

「工」はどちらも音読みですが

「場」だけ音訓で読み替えます。

すると、

訓読みの「こうば」の方は

町工場の小さなイメージに。

対し、

音読みの「コウジョウ」だと、

大規模なイメージがしますよね。

「こうば」は人の手・手作業!

「コウジョウ」は機械の全自動!

堅い・砕けた

次のグループの変化する

印象はコレ!

硬い表現か砕けた表現か?

④明日

:ミョウ・ニチ

:あす/あした

どうでしょう?

「明日」

普段、訓読みで読んでいますけど、

「ミョウニチ」と音読みで読むと

何だか堅苦しい印象を受けますよね?

これから何か始めるのか?

と言わんばかりのお堅い印象に

変わります。

⑤昨日

:サク・ジツ

:きのう

続いて「昨日」はというと、

これも訓読みの方が一般的で

音読みだと改まった印象がありますね。

昨日(サクジツ)はどうも!

「音読み」の方が

少し礼儀正しく聞こえますよね?

まあ、でも、

失念と 言へば立派な 物忘れ

と江戸時代の川柳にある位なので、

あまり、音訓の印象操作に

惑わされない方が懸命だとは

思いますけどね…(笑)

⑥今日

:コン・ニチ

:きょう

それでは、最後に

「今日」はというと…、

アレ?

今度は印象というより、

意味が変わっちゃってますね。

今日(コンニチ)の経済は…

そう、音読みだと、

今日一日ではなく、

「最近」を意味する

言葉に変わります。

音訓ひとつで、印象どころか

意味まで変わってしまう。

何だかややっこしいですけど、

これはこれで面白いですよね!?

似て非なる!

続いてのグループの印象操作…

いえ、意味変化がコチラ。

似てるけど違う!

先ほどの「今日」

似たグループになります。

⑦人気

:ニン・キ

:ひと・け

人気のない商店街

さあ、みなさんは

どちらで読まれますか?

音読みの「ニンキ」か?

訓読みの「ひとけ」か?

正直、どちらも

言わんとしていることの

「終着点」は同じですよね?(笑)

先ほどの「今日」よりも、

意味合いは似通っています。

ただ、「大」をつけると…

⑧大人気

:ダイ・ニン・キ

:おとな・げ

(音)大人気じゃない

(訓)大人気ない

足並みが乱れてしまいます…。

何の中身?

続いてのグループは

コチラ!

何の中身か?

ん〜これだけでは

何を言いたいのか、

サッパリなので、

もう、とにかく、

実際に見ちゃいましょう!

⑨最中

:サイ・チュウ

:さ・なか

ん?これは…

堅い・砕けた

グループですね?

ただ、先ほどの

「昨日」と違って、

むしろ「音読み」の方が

よく使われます。

訓読みの「さなか」

少し表現よりですね。

その「さなか」、彼は…

「訓読み」の方が

改まった印象です。

でも、一体、

何の中身なんでしょう?

強いて言えば、

時間の中?でしょうか?

何だかよくわからないですね…。

でも実を言うと、

この「最中」!

実はもうひとつ、

別の読み方があるんですよ!

それが…

ヒント:甘い中身

:もなか

そう「モナカ」

何の中身か?

それは「時間」ではなく、

「モナカ」だったんです。

まあ、お茶の最中と考えれば、

時間とモナカはもう〜

一体なんですけどね(笑)

甘いひととき、あずき色♪

人か地名か?

さて、続いてのグループが

コチラ!

人か地名か?

もう実際に見ちゃいましょう!

⑩平野

:ヘイ・ヤ

:ひら・の

どうでしょう?

音読みだと地名!

〜平野

ですけど、

訓読みだと人名ですよね?

平野さん

最初の「草原*」と違って、

「訓読み」だと確実に

人の苗字を指します。

*ちなみに、

草原(くさはら)さん

いらっしゃいますよ。

でも、平野さんと違って、

「くさはら」という語が

別途、残ってます。

コラム:敬意を込めて音読みで

日本全国図の作成で有名な

『伊能忠敬(いのうただたか)』

聞いた話では、忠敬の地元、

千葉県香取市佐原では、

忠敬(チュウケイ)先生

敬意を込めて「音読み」

呼ぶそうです。

⑪(伊能)忠敬

:チュウ・ケイ

:ただ・たか

名前が漢字で書かれ、

かつ音読み・訓読みの

2種類の読み方がある

日本の人名ならではの

表現だと言えるでしょう。

まとめ

【大きい・小さい】

①草原 ②牧場

③工場

【堅い・砕けた】

④明日 ⑤昨日

⑥(今日)

【似て非なる】

⑦人気

⑧(大人気)

【何の中身?】

⑨最中

【人名か地名か?】

⑩平野

【敬意を込めて音読みで】

⑪忠敬

以上、音訓による印象操作でした。

m(_ _)m

というわけで、今日はこの辺で。

それでは、また(への)/

p.s.何をはらう?

7日に遅い初詣に行った際、

もうひとつ、音訓ペアを

思い付きました!

それがコレ!

「お札」

そう!

で読めば、「お・サツ」

で読めば、「お・ふだ」…

まるで違う言葉になります!

だから、神社仏閣はまさに、

払って、おで祓う!

「音訓習合」

というわけなんですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

「もじ部や」では文字グッズを販売しています。アクセスはMENU#から★SHOPへどうぞ〜