ローマ数字をもっと難しくして遊んでみました♪

Pocket

どうもみなさん、こんにちは。

ぺのっぺです。(への)/

今日はただでさえ難しいローマ数字を

もっと難しくして遊んでみたいと思います。

①マイナスを割り当てる

マイナスといっても、

「ー」ではなく、

別個に文字を割り当てる

という意味です。

それぞれの位に

似た文字をマイナスとして

割り当てる。

例えば、マイナス1なら

「I」と似た形の「J」を…

また、マイナス5なら

「V」と似た形の「U」

割り当てます。

この調子で、

一式作ってみると…

「J」(-1)⇔「I」

「U」(-5)⇔「V」

「Y」(-10)⇔「X」

「R」(-50)⇔「L」

「G」(-100)⇔「C」

「B」(-500)⇔「D」

「W」(-1000)⇔「M」

どうでしょう?

この7つは小文字でも形が似ているので、

覚えやすいかとは思いますが、

単純に暗記の量が2倍になりますね。

また、マイナスが出来ることで、

一層複雑な表記が可能になります。

例えば、

VJなら4

JVなら6

マイナスが

マイナスの位置にあるので、

プラスになる。

これなら、ローマ数字の引き算表記を

一層難しく出来ます。

小1レベルから中1レベルに!

また、数式のような表記ができるので、

ゴチャマゼにしても…

8=JVII

成り立ちます。

何より、ひとつの数に

複数通りの表記が可能になります。

<マイナスなし>

ひとつの数に一通りの表記

例)8=VIII

<マイナスあり>

ひとつの数に複数通りの表記

例)8=VIII・JVII・JJVI・IXJ…

そして、マイナスがあることで

「0」も表せるようになります。

例)IJ=0 VU=0

これだけで結構、難しく出来ます。

②アラビア数字に直す

もうひとつは、

アラビア数字に直すという方法。

ただし、直すといっても

IV=4

という意味ではありません。

IV=15

という意味です。

これでローマ数字は

もっと難しくなるはず…。

どうでしょう?

Ⅰ=1

Ⅱ=11

Ⅲ=111

Ⅳ=15

Ⅴ=5

Ⅵ=51

Ⅶ=511

Ⅷ=5111

Ⅸ=110

Ⅹ=10

Ⅺ=101

Ⅻ=1011

ⅩⅩ=1010

L=50

C=100

2017

=1000100010511

「1」と「5」と「0」しか

出て来ないのに読めない!

もはや、数字暗号ですね。

でも、見かけこそアラビア数字ですが、

中身はれっきとしたローマ数字です。

のマイナスとは併用出来ませんが、

これだけでも結構難しくなるかと思います。

まとめ

①マイナス文字を割り当てる!

・暗記量2倍!

・ひとつの数に複数通りの表記可能!

・「0」も表せる!

②アラビア数字に直す!

・アラビア数字のミスリードで

 読みづらくなる〜☆

というわけで、今日はこの辺で。

それでは、また(への)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★「もじ部や」では文字グッズを販売しています。興味のある方は★SHOPまで