星形のルーツは古代エジプト!ヒエログリフで「☆」はヒトデだった!

Pocket

どうもみなさん、こんにちは。

ぺのっぺです。(への)/

今日は、「七夕」ということで、

「☆」についてひとつ、

与太話をして行きたいと思います。

スポンサーリンク

星形イメージいろいろ

さて、「星」と聞くと、

みなさんは、どういった形を

イメージされるでしょうか?

「星」と一口に言っても

色々な形がありますよね。

「十字」に似た

ピカピカのキラ「✧」

「*(アステリスク)」

のようなもの…、

はたまた、

「米」のようなものなど、

たくさんあります。

でも、真っ先に浮かぶのが

おそらくコレではないでしょうか?

「☆」

「☆」は不自然!?

でも、この「☆」

「星の形」という割には、

実際の星とあまり似てませんよね。

「光具合」など見ても、

どこか不自然です。

ちょうど、「♡」

「心臓の形」というような

ある種の「飛躍」があるように感じます。

♡=心臓の形??

☆=星の形??

「ヒトデ」が先!

それもそのはず、

この星形「☆」はもともと、

「ヒトデ」の形だからです。

え?ヒトデが先?

そう、「ヒトデ」が

「星形」なのではなく、

「☆」「ヒトデ」形をしてるんです。

実際、「ヒトデ」は漢字で、

「海星」

英語で、

「スターフィッシュ」

ですからね。

マリオのスターをはじめ、

星のカービィや伝説のスタフィー

ポケモンのヒトデマンに至るまで、

この「☆」が使われています。

その象徴的な図案

(実物から離れたデザイン)

は、ハートマーク同様、

ファンタジーや創作物には

欠かせないものになっています。

星形の起源はいつ?

でも、この「☆」

一体いつ頃から

使われているんでしょう?

西洋から入って来たもの

キリスト教のデザインだとしたら

2000年前にはあったのか…?

いえいえ、実は、

その起源はもっと昔、

「古代エジプト」にまで

遡れるんですよ。

「☆」の起源は古代エジプト

古代エジプトでは、

「宇宙」「海」として

捉えていました。

宙(うみ)

そのため、

海にいる「ヒトデ」

「星」に見立てられ、

「星」「ヒトデ」の形で

描かれていました。

それが「☆」のはじまり。

だから、「ヒエログリフ」「星」

「赤いヒトデ」なんです。

そして、「海」

「冥界」のイメージとも重なって、

「宇宙」

死者の魂の眠る「海」

「星」

大の字に広がる死者の「魂」

とされました。

そういう意味でも、

大の字に似た「ヒトデ」の星形は、

古代エジプトの「宇宙観」、

いや「死生観」にとって、

「特別な形」だったんですね。

ちなみに、ヒエログリフで

「冥界」は…

「ヒトデ=☆」を中心とした

「円」になっています。

もうひとつの古代の星

ちなみに、同時代、

中東メソポタミアに栄えた

「メソポタミア文明」では、

「楔形(くさびがた)文字」で、

「星」をこう書きました。

米?

そう、「米」です。

こちらの方が、

四方八方に広がっているので、

「光具合」なども

実物に近いですね。

ただ、「神」

という意味もあったようで、

メソポタミアで「星」

神秘の存在でした。

メソポタミアの海に

ヒトデがいなかった…

というわけではないですが、

「ヒトデ」と「星」を

結び付けるような「宇宙観」

ではなかったんですね。

「宇宙」を「海」ではなく、

「神のいる世界」とした。

そして、「星」

「ヒトデ」ではなく、

神が外界から開けた穴から

こぼれる「木漏れ日」とした。

こうした宇宙観の違いが

2つの星のデザインの違いに

表れているんですね。

「☆」は「五芒星」じゃない!?

ちなみに、「☆」ですが、

正確には、「五芒星」

ではありません。

何故なら、

「五芒星」

線が「交差」してるからです。

なので、線の交差していない

「☆」は、正式には

「五光星」と言って、

「五芒星」と区別されます。

何だか、細かい区別のように

思われますけど…、

「五芒星」「五光星」では、

その起源まで異なって来るので、

必要な区別なんですね。

また、「五光星」と違い、

「五芒星」の方は、

「星」とは違う意味の「図案」

としても使われていました。

例えば、メソポタミアでは、

最古の「五芒星」が発見されています。

なので、

「五芒星」の形自体の起源は

メソポタミアの方が先になります。

ただ、どうにも、

「星」とは結び付けられて

いなかったようなので、

「五芒星」ではあっても、

「星形」ではなかったんですね。

いつから「五芒星」「星」

意味で定着するようになったかは

分かりませんが…、

少なくとも、

「五光星☆」「ヒトデ」が結び付く

「現在のスター観」のルーツが

「古代エジプト」にあったのは確かなようです。

クリスマスの「☆」

さて、少し気が早いかも知れませんが、

クリスマスの「☆」である

「ベツレヘムの星」についても、

1つ触れておきたいと思います。

まず、「ベツレヘムの星」とは

クリスマスツリーの天辺に輝く

「スター」のことです。

イエス・キリストの誕生を

伝えたとされる「伝説の星」

さて、そんなツリーの星、

「ベツレヘムの星」ですが、

よく「五光星☆」

「五芒星」で描かれます。

たまに、「*」のものも

見かけますが…、

基本、「☆」なんですね。

でも、元々は、

「☆」じゃなかったんですよ。

試しに、「ベツレヘムの星」

画像検索して見て下さい。

そう、「米」

「メソポタミアの星」の方だったんです。

これは意外ですね。

でも、それがいつからか、

「エジプトの星」に変わって行った。

何とも不思議な話です。

コラム:日本の五芒星

ちなみに、日本にも

「五芒星」の図案はありました。

それが、あの安倍晴明の

「安倍晴明判」

(あべのせいめいばん)

ただ、「星」の意味ではなく、

「木火土金水」の五行

を表す図案でした。

そして、「形」自体も

「星形」ではなく、

「桔梗の花」の形と

結び付けられていました。

別名:「晴明桔梗」

確かに、「☆」

「花」の形にも見えますからね。

それに、画像検索してみると、

「桔梗の花」「☆」

よく似ていることが分かります。

まとめ

「☆」の起源は

「古代エジプト」

「☆」「ヒトデ」

のヒエログリフ

「☆」「五芒星」

ではなく「五光星」

②メソポタミアの星は

「米」

「米」「神」

意味する楔形文字

「クリスマスの星」

今でこそ

「古代エジプト」

「☆」だが…、

元々はこちらの

「メソポタミア」

「米」の方だった。

③また、「五芒星」

「形」自体の起源は、

「メソポタミア」

でも、「星」

意味ではなかった。

④それと、日本にも

「五芒星」は古くからあった。

それが、安倍晴明の

「安倍晴明判」

(あべのせいめいばん)

ただ、これも

「星」意味ではなく、

桔梗の「花」の形とされた。

以上、「☆」のルーツについてでした。

m(_ _)m

それでは、今日はこの辺で。

良い七夕をお送り下さい。

また(への)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★「もじ部や」では文字グッズを販売しています。興味のある方は★SHOPまで