ヒエログリフで黒猫を描いてみる(ΦωΦ)♪

Pocket

どうもみなさん、こんにちは。

ぺのっぺです。(ΦωΦ)/

今日は

「ヒエログリフでいろんな

猫を描いてみる(ΦωΦ)♪」

の番外編として、

ヒエログリフで「黒猫」

描いてみたいと思います。

前回の内容を

前提としていますので、

まだの方はこちらで

「猫」を描いてみて下さい(ΦωΦ)♪

それでは行きますよ。(ΦωΦ)♪

スポンサーリンク

🐾ヒエログリフで「黒」を表す♪

まずは、「黒」です。(ΦωΦ)

「象形文字」である

ヒエログリフには漢字同様、

「色を表す文字」がありました。

しかし、

「色」というやつは、

「象形文字」では

直接表現できない

厄介なしろものです。

「色」に関する漢字を見ても、

「赤」「火の色」

「黒」「焦げた色」

「白」「頭蓋骨の色」

といった具合に、

「間接的」に表しています。

なので、ヒエログリフの「黒」

少し「ひねり」を加えてあるんです。

それが〜、

「ワニの革(の色)」

KM

でも、これだけで

使われることはなく、

後ろに「送り仮名」

のようなものを付けて、

ケム

これでケムKMm)」

「学者読み」で読みます。

「m」は送り仮名みたいなヒエログリフ、

いわば「送りグリフ」ですね。

前回のIWYT

「I」「Y」も、

実は「ミ(MI・MY)」

「送りグリフ」なので、

「ミーウ・ミート」ではなく、

「ミウ・ミト」と読むんです。

なので、

「送りグリフ」

「小文字」で転写すると、

MIiWMYyTになります。

ただ、この「ワニ革」

発音表記に使うヒエログリフなので、

「黒」とは関係ないと解釈するのが

一応のセオリーになっています。

でも、「K・M」ではなく、

わざわざKMm

つづるのは不自然なので、

やはり両者には何らかしらの

「つながり」があったと

捉えるべきでしょう。

何より、この送りグリフは

漢字に振られる仮名に似てますからね。

また、「KM」の方は

単語を表すヒエログリフのように見えます。

実際、

「赤」を表す「デシェル」

「フラミンゴ」

「緑」を表す「ワジュ」

「パピルスの茎」

というふうに、

表している「色」と関連のある

ヒエログリフが使われています。

といっても、

「白」を表す「ヘジュ」は、

単なる「こん棒」なんですけどね…(ΦωΦ;)

ともかく、

「ワニの革の色」「黒」というのは

何となくイメージが合致しますよね。

まあ、「緑」にも

取れなくはありませんけど…。

さて、そんな「黒」ですが、

実はこの「黒」

「エジプトそのもの」でもあるんですよ。

ヒエログリフで「エジプト」

黒い土地「ケメト」と言います。

ケメト町

KMmT町(ケメト)

「赤い」のは

「国」「町」を意味する

「部首グリフ」です。

アフリカの国名には

「黒」に関するものが多いですが…、

「古代エジプト」

まさにそれだったんですね。

ただ、意味合いとしては

ナイル川のもたらす

肥沃な「黒い土」なので、

ニュアンスが若干

イメージと違いますけどね…。

🐾ヒエログリフで「黒猫」を表す♪

さて、「黒」がわかったところで、

早速、「黒猫」をつづってしまいましょう♪

「黒」「猫」

ケムミウ

KMm MIiW犭(ケム・ミウ)

「犭」を付けてみましたが、

「黒猫」は「猫」の派生なので、

これでは少し分かりづらいですね。

ここはやはり「猫グリフ」です。

ケムミウ猫

KMm MIiW猫(ケム・ミウ)

いい感じですね♪

でも、つづっといて何ですが、

実はこれ、古代エジプト語的に

おかしいんですよ。

フランス語や

イタリア語・スペイン語を

やったことのある人なら

ご存知かもしれませんが…、

世界には、

形容詞が名詞の後ろに

来る言語があるんです。

古代エジプト語もそのひとつ。

なので、順番前後して、

ミウケム猫

MIiW KMm(ミウ・ケム)

と、つづらなければなりません。

まさに、「シャ・ノワール」です。

(ΦωΦ)

というわけで、

早速「シャノワール」の方も

つづってみました♪

chatnoir

ChaT NOIRr(シャ・ノワール)

フランス語なので、

送りグリフを「r」にしてあります。

同じ要領で、

英語の「ブラック・キャット」

blackcat

BLACKk CaT猫(ブラック・キャット)

「送りグリフ」「k」

にすると表せますね♪

ただ、英語とフランス語では

形容詞の位置が異なります。

どうやら「黒」が付いたことで

おしゃべりネコ(チャット・シャ)

ひとまず解散のようですね。

まあ、2つ続けて

「ブラック・キャット・シャ・ノワール」

としても面白そうですが…。

blackcatchatnoir

BlACKk CaT /ChaT NOIRr

(ブラック・キャット・シャ・ノワール)

🐾ヒエログリフで「黒猫♀」を表す♪

さて、次に

「黒猫をつづってみましょう♪

まず、「猫♀」「ミト」でした。

ミトカラー猫赤

ということは…、

「ミト・ケム」?

ミトケム猫

MYyT KMm(ミト・ケム)

いやいや、

そんなカンタンなわけないでしょう?

これまた、

フランス語や

イタリア語・スペイン語を

ご存知の方ならわかるかと思いますが…、

世界には、

名詞・形容詞に

男女の区別のある言語

があるんです。

古代エジプト語もそのひとつ。

といっても、

この「ミト」

すでに「女性形」ですけどね。

そう、「T」「♀」を表しています。

そして、形容詞も「T」を付けるだけで

「女性形」にすることが出来るんです。

「ケム」「T」を付けて

「ケメト」

これが、「ケムの女性形」になります。

ケメト

ん?何だか見た形ですね。

そう、「エジプト」です。

ケメト町

黒い土地「ケメト

「同じ読み」になるんです。

といっても、

「部首グリフ」が違いますし…、

「読み」が同じになるのは、

あくまで「学者読み」のときだけです。

当時は「違う読み」

読み分けていたかもしれません。

それでも、部首グリフ以外は

「同じつづり」になるので、

「関連語彙」なのは間違いないでしょう。

さて、話を「黒猫」に戻して、

ミトケメト猫

MYyT KMmT(ミト・ケメト)

これが、「黒猫♀」になります。

「T」「韻」を踏んでいるので、

何だか言いやすいですね。(ΦωΦ)

🐾日本語の「黒猫」を表す♪

さて、今度は日本語の

「黒猫」をつづってみましょう♪

といっても、

「シャノワール」の要領で

krnk

KRr NK猫(クロネコ)

とカンタンにつづれます♪

もちろん、

「ローマ字風」でもいいですが、

「古代エジプト風」の方が、

「ノワール」と

「送りグリフ」が同じになる上、

「短い」のでオススメです。(ΦωΦ)

また、「絵文字風」

猫黒

猫-黒

としてもいいですよ♪

「レイアウト」の関係で

「ケム」を後ろに付けましたが、

これで「黒猫」です。

でも、いっそのこと、

「猫グリフ」を「黒」で塗って、

黒猫

とした方が、フルカラー

ヒエログリフっぽいですね。(ΦωΦ)♪

🐾魔女宅の「ジジ」を表す♪

それでは、最後に、

ペットのジジ…

いやいや、

魔女宅の「ジジ」

つづってみましょう♪

「ジジ」なので、

「Z」でもいいですが、

ここは「J」「ジジ」

jeje猫黒

JEJ(ジェジェ)

おっと、これでは、

「じぇじぇ!?」ですね。(ΦwΦ)

そうでした。

「ローマ字風」では

「I」「E」

当てられているんでした。

なので、「E」「Y」にして

jiji猫黒

JIJ(ジジ)

これなら、

「Y」「I」に当てられているので、

ジジ」と読めます。

jyjy猫黒

もちろん、「省略形」もありです。

JJ猫黒

JJ (ジジ)

また、「古代エジプト風」

でもいいですよ。

ただ、蛇の下のスペースが

気になります。

そこで、「蛇」

「重ね書き」して

スペースを削減しましょう!

ヒエログリフには、

「重ね書き」できるものも

結構あるんですよ。

J2猫黒

J2 (ジジ)

ダメでした。

下に「空白」

残ってしまいました。

こうやって、

「重ね書き」できるのは、

ヒエログリフの面白いところ

なんですけどね(ΦωΦ;)

やはり、ここは猫グリフ

「黒」で塗って

JYJY黒猫

JIJ(ジジ)

とした方がしっくり来ます。

これなら、

右上に「タマゴ」を付けるだけで

「♀」を表せますしね。

黒猫♀

何よりこの方法なら、

「三毛」「虎」

などといった「猫」だって、

「模様」を塗り分ければ、

表せてしまいます。

猫一匹一匹に応じた

「オーダーメイド」

してしまうことだって可能です。

(いわば、「固有グリフ」

ただ、日本猫独特の

「ボブテール(短いしっぽ)」だけは,

「猫グリフ」だと再現できませんね。

「リビアヤマネコ」は結構

しっぽが長いんです。

わかりづらいとは思いますが、

「しっぽ」「後ろ脚」

巻いています。

以上、猫番外編でした。

というわけで、今日はこの辺で。

それでは、また(ΦωΦ)🐾

ネコ影

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★「もじ部や」では文字グッズを販売しています。興味のある方は★SHOPまで