母音と子音を♪で区別できないか検証してみる!

Pocket

どうも、ぺのっぺです。

(への)/

今日は母音と子音の違いについて

考えて行きたいと思います。

五十音図でローマ字入力してる

私達にとっては、

一見、わかり切ったことのように

思えますが…、

いざ説明しようとすると

案外難しいので…。

ちなみに模範解答はコチラ!

「母音とは、

舌・唇・喉を閉じたり、

 狭めたりしないで出す音」

「子音とは、

舌・唇・喉を閉じたり、

 狭めたりして出す音」

イマイチよくわからないですよね…。

(への;)

まだ、五十音図の

「段が母音」で、「行が子音」

と言われた方がわかりやすいです。

(その分、両者の違いはさっぱりですが…)

そこで、今回はよりわかりやすく

母音と子音を区別できないか?、

ひとつ模索して行きたいと思います。

スポンサーリンク

母音にあって子音にないもの

というわけで、

早速ひとつ考えてみました♪

母音にはアクセントが付くが、

子音には付かない!

どうでしょう?

私の自論ですが、おそらく

母音と子音を区別する

最大のものだと思います。

「子音」は歌えない…はず

さて、そんなアクセントですが、

「3種類」あります。

日本語のような

「高低アクセント」

「雨」「飴」

区別できます。

英語のような

「強弱アクセント」

「import」

名詞と動詞を区別します。

そして、イタリア語のような

「長短アクセント」

まあ、日本語の

「雪」「勇気」の違い

の方がわかりやすいですが…。

以上が、

アクセントの「3分類」になります。

「アクセント」と聞くと、

英語が苦手な方は蕁麻疹が

出てしまうかもしれませんが、

難しく考える必要はありません。

「♪」だと思って下さい。

「♪」には

「強さ・長さ・高さ」

がありますよね。

そのうちのどれかが

単語に付いてる、

と思えばいいだけです。

音楽が苦手な方はすみません。

m(_ _)m

さて、これらのアクセント、

「母音」にしか付きません。

「子音」には付かないんです。

そして、「母音」には

3種類のアクセントすべて

同時に付けることが出来るんです。

なので、

「母音」では歌えても、

「子音」では

歌えないはずなんです。

というわけで、

早速検証して行きたいと思います。

S

「子音」です。

「サ行」ですね。

まず、「強弱」を付けてみて下さい。

SsSs

これじゃ、

「大文字・小文字」ですね…。

それと、間違っても、

「U」を入れないで下さいよ。

「スー!!」

「S」じゃないですからね。

でも、「息の強さ」なら、

何とか付けて区別できそうですね。

ただ、「K」とか

「T」には無理そうです。

次に、「長さ」

どうでしょう?

S

いや、ここは音楽でお馴染みの

「ハミング」

m〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

できますね。(への;)

出来てしまいます。

でも、これまた、

「T」「K」には無理そうですね。

「S」なら行けますが…。

ということは、

「S」「m」「母音」

いやいや、違いますよ。

あくまで「子音」です。

それにまだひとつ残っています。

早合点はよして下さい。

最後に「高さ」

どうでしょう?

まず、「S」から。

S→→〜〜〜〜〜

上げ下げ無理ですね。

「スー」なら、

「U」の力で、できますが…。

なら「ハミング」なら、

どうでしょう?

m〜〜

歌えますね。(への;)

さすが「ハミング」

「別格」です!

というより、

もはや「母音」ですね…。

でも、今度は

「T」「K」はおろか、

「S」でも不可能です。

ということは、

「m」だけ「母音」

何だかこんがらがって来ましたね…。

(への;)

でも、あながち、

間違いでもありません。

「m」は、

ほぼ「鼻母音」です。

「花母音」ではありませんよ。

「ビ母音」です。

その名の通り、

「鼻にかかる母音」で、

フランス語などに見られます。

ボ〜ン(フランス語のGood)

「ン」「鼻母音」です。

ただし、「ハミング」と違って、

「口」「m」で閉じず…、

前の「母音」の「口」

維持したまま「鼻」にかけます。

「口」を閉じないので、

「母音」です。

こればかりは模範解答の説明で

考えた方がわかりやすいですね。

もちろん、「母音」なので

「ハミング」同様歌えますよ。

「口」開けっぱの

「ハミング」です。

これに対し、

「ハミング」「m」や、

「n」・「ng」などは、

「母音」ではないので、

単に「鼻音(びおん)」と言います。

「母音」ではありませんが、

「ハミング」可能です。

ちなみに、

日本語の「ン」ですが…、

前後の発音によって

「m・n・ng・

鼻母音・N(ngより奥)」

の計5種類あるので、

やろうと思えば、

「5通りのハミング」

可能なんですよ♪

ン〜ん〜ンーんーンッんっ♪

(まさにン〜ジック♪)

でも、これらは、あくまで

「母音」ではなく、

「子音」なんです。

もしかしたら、日本語で

子音単体のはずの「ン」が、

他の仮名と同列なのは、

「鼻音」「母音的性質」

によるのかもしれませんね。

以上、一部例外はありますが、

アクセントが付くか付かないか?

(=歌えるか歌えないか?)

「母音と子音との分かれ目」なんです。

まとめ

①舌・唇・喉を閉じたり、

狭めたりしないか?

②アクセント(♪)を

付けられるかどうか?

③歌えるかどうか?

が、母音と子音の分かれ目♪

*ン〜ジックは例外!!

ただし、「曖昧母音」

その名の通り、曖昧なので、

アクセントは付きません。

「長さ」「高さ」

何とか付けられそうですが、

「強弱」は付けられません。

「鼻音」もそうですが、

簡単には分けられないものですね。

(への;)

というわけで、今日はこの辺で。

それでは、また(への)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

「もじ部や」では文字グッズを販売しています。アクセスはMENU#から★SHOPへどうぞ〜