変体仮名はタオルひと拭きでわかる!箸の御手元ともまた違う♪

どうも、ぺのっぺです。(への)/ 今日は変体仮名の面白さを「タオルひと拭き」にまとめたものを見つけたので、早速、ご紹介&解読して行きたいと思います!

スポンサーリンク

タオルに「おてもと」?

それが、コチラ!何と、寿タオルの表紙にくずし字で何か書かれていますね。 ん?「おてもと」? そう、一見、割り箸の箸袋で有名な「御手元(おてもと)」に見えます。 でも、どうやら違うようです。 では、一体、何と書かれているのでしょうか?早速、解読して行きましょう!(への)/

解読!

4文字で書かれてる!

まず、4文字で書かれているようです。○○○○ 全体にくずし字ですが、つなげ書きをしていないので、一文字一文字切れており、文字数を把握することが出来ます。 これなら、一文字一文字、順に解読して行けば、読めますね♪(への)/ 

「る」は読める!

さて、すぐに読み取れるのが末尾の文字!これは「る」ですよね!? =る○○○ そう、平仮名と変わりません。ほぼ同じデザインの変体仮名です。 

御の字?

次に、先頭の文字は…「おてもと」でもお馴染みの「御」の字でしょう。 =御 ここまで来ると、何となく、何が書かれているか類推できそうですね。 

もう一文字!

でも、その前に、もう一文字だけ読んでみましょう! 御の字の下の文字。これは…多?そう、変体仮名の「多」です。 =多(タ)○る もう、お分かりかと思います。 そう!「おタオル」と書かれているんです。 何と、そのまんまですね(笑) というより、タイトルでネタバレ…(汗)w

「オ」は何の仮名?

でも、3番目の「オ」は一体何の仮名で書かれていたのでしょうか? 実はこれ、「越(を)」の字なんです。変体仮名の「越(を)」=越(を) なので、御多 つまり、「おタル」と書かれていたわけなんですね。何と雅な「御たをる」なのでしょうか(笑) 

工夫色々♪

でも、この「御タヲル」。随所に工夫が見られます。 

読める文字を混ぜる!

まず、読める文字を混ぜているのが憎いですよね。「る」これが読めてしまうから、他の部分はどう書いてあるのか読めそうになってしまって、読んでしまうんです。

「ヲ」

「タヲル」は、歴史的片仮名遣いでも「タル」なので、厳密には誤りです。でも、わざと「ヲ」にすることで、歴史的仮名遣い風にしているのは粋な演出だと思います♪

4種の文字!

でも、何より、4種の文字を混ぜている点が素晴らしいです! え?4種?「御」が漢字で「る」が平仮名で…残りは変体仮名だから、全部で3種では? 確かに、文字分類ではそうですけど…、 ①御:漢字の草書②多:片仮名の「タ」に対応③越:平仮名・片仮名どちらにもない変体仮名④る:平仮名の「る」に対応「漢字草書+変体仮名3種」だから、合計4種の色合いなんです。 変体仮名には…、 壱、現在の平仮名と大して変わらないもの「る」など*弐、片仮名と同じ由来のもの「タ」など そして…、 参、平仮名・片仮名どちらにも残らなかったもの「越」など の合計3種類があるんですね。 これが、「タヲル一本」にまとめられているわけです。 〜確かに、「る」は変体仮名にしては、平仮名そのもののデザインです。でも、変体仮名は平仮名・片仮名と違い、時代や個人によってもデザインに幅があるので、 これはあくまで変体仮名の範疇だと思います。 でも、一応、比較の参考までに変体仮名っぽいデザインの「る(留)」を並べて貼っておきます。Koin変体仮名より転載 やはり、右側の方が、元となった漢字「留」の面影を残していますね。 

仮名選びも工夫されてる!

また、全体の仮名選びも上手く工夫されてます! 「御」の字が恒例の「おてもと」と同じデザインなのはもちろん、「タ」には分かりやすい「多(タ)」を選び、「ヲ」には一見、漢字の草書にも見える「越(を)」を持って来て、「ル」には平仮名そのものの「る(留)」を持って来る。 そうすることで、 漢字と仮名の境を見失う独特の「幻惑感」演出しているんですね♪ これは、漢字のようで仮名文字な変体仮名の特徴を上手く活かした、素晴らしい仮名選択&文字配置だと言えます。何より、「くずし字」としてまとまってますね!

まとめ

御:漢字の草書多:片仮名に対応越:変体仮名独自の仮名る:平仮名に対応 〜ちなみに、仮名のモデルになった漢字を「字母」と言います。 なので、上のまとめは… 御:漢字の草書多:タと同じ字母の変体仮名越:独自字母の変体仮名る:ると同じ字母の変体仮名 と言い換えることができます。 この「草書+変体仮名」の3重奏が「協奏曲」となって、タオル一拭いに収まっている。 お箸の「おてもと」とはまた違う、独特の「変奏曲」ですよね♪ そもそも、「おてもと」と違い、「おタオル」はカタカナ語! ですから、これを変体仮名で表すというのは、変体仮名の表現の可能性を見せてくれるものだと思います。 〜以上、変体仮名の「御タ越る」ひと拭きでした。m(_ _)m というわけで、今日はこの辺で。それでは、また(への)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする