世界ローマ字巡り!④フランス:ラ・フランスでオシャレなローマ字ファッション♪

Pocket

どうも、ぺのっぺです。

(への)/

世界ローマ字巡り!

4回目の今日は

オシャレなファッションの国

「フランス」

パリジャンヌのローマ字

というだけあって、

かな〜り独特です。

レベルを設けてみたので

順番に見て行きましょう。

ちなみに、

0回目から3回目までの

「ローマ字巡り!」はコチラ!

スポンサーリンク

レベル0:Bonjour!

ボン ジョウル?

と読む人がいないぐらい

有名なフランス語。

ボンジュール

読むときは、

まず間違えません。

でも、書くときとなると

意外と混乱します。

Bonjuur?? Bonjur??

でも、おフランスなローマ字では

「ou」「ウ」と読むので、

Bonjour

なんです。

ou=ウ

レベル1:Nを鼻にかける「おフランス」

フランスではこうなんですの〜

などと鼻に掛けてしまうほど

独特の魅力のあるフランス。

鼻に掛けるだけあって、

鼻にかかる発音が多いです。

先ほどの

Bonjour

「n」も鼻に掛かるので、

英語の「n」とは違います。

どちらも「鼻音」ですが、

フランスの「n」

「鼻母音」なんです。

つまり、「子音」ではなく、

「母音」なんですね。

なので、口を閉じません。

空けたままです。

レベル2:Rとは違うのだよRとは!

シャンソンでお馴染みの

「巻舌R」が有名なフランス語ですが、

シャンソン以外では

「R」ではありません。

Ra=は#

仮名に出来ない独特の発音です。

なので先程の

Bonjour

も、最後の「R」

「ふ#」に近いんです。

ボん ジューふ#

なので、「パリ」

Paris

ひ#

と聞こえます。

つまり、

「パリジャンヌ」

Parisieane

ひ#ズャン

というわけです。

そして、「フランス」

France

ほ#ん

になるわけですね。

ちなみに、

アクセントや子音のない「e」

英語でお馴染みの「曖昧母音」

「ァ」とも「ゥ」とも聞こえます。

ce=ス

ne=ヌ

弱い母音なので、

「子音」だけに聞こえますが、

れっきとした「母音」です。

レベル3:読まないローマ字

「表音文字」なのに読まないのかと

突っ込まれそうですが、

読まないのだから仕方ありません。

例えば、「パリ」

Paris

英語では「パですよね。

なのに、

なんですよ。

「S」は読みません。

でも、おフランスでは

サイレントな読まない文字も

綴らなければならないんです。

ちなみに、読まない文字は

語末の子音

たとえ、二文字並んでても

読みません。

est(エ)

英語の「is」相当

ただし、

「CaReFuL」(ケアフル)

に数えられる4つの子音、

「CRFL」だけは、

語末でも読みます。

例)

avec(アベッ):共に

Bonjour(ボンジューふ#):

ボンジュール

chef(シェ):シェフ

il(イ):彼

など

レベル4:やっぱり読む文字

でも、読むときだってあるんです。

それが、次に「母音」が来たとき。

例えば、出会い際の挨拶、

Comment allez-vous?

コマ レ-ヴ

ご機嫌いかがですか?

「t」が母音「a」によって

復活します。

しかも、英語のように

発音をつなげて「タ」

世に言う「リエゾン」

というやつです。

他にも、例えば、

世界一美しい通り、

「シャンゼリゼ通り」は、

ChampsÉlysées

シャんリゼ

Ch=シャ行

am=アん(anと同じ)

ps=サイレントで読まない

「ps」はどちらもサイレントで

読みませんが、最後の「s」だけ

「母音」によって復活します。

しかも、「濁る」!

レベル5:二重母音は朝飯前?

英語よろしく、

フランス語にも

「二重母音」があります。

でも、難しく感じる必要はありません。

日本人なら誰でも知ってる

とあるフランス語2語で

朝飯前に覚えることが出来ます。

それが、こちら!

クロワッサンとカフェオレ

croissant et café au lait

クロわサん エ カフェ お れ

oi=わ(「w」は使わない)

au=お(「o」より大きい

ai=え(「e」より大きい)

まさにフランスの朝食風景ですね。

え?朝飯「前」じゃない!?

確かに…(汗)

レベル6:セディーユ

「セディーユ」って

ミルフィーユの仲間?

いえいえ、

食べ物ではありません。

服でもなければ、音楽でもない。

それは、「文字」

フランス語専用…ではないものの

フランス語に使われている

ある「特殊文字」の名前です。

それが、コレ。

「Ç」セディーユ

Ça va?(元気?)

サヴァ?

Ça va.(元気。)

サヴァ。

「鯖」じゃないですからね(笑)

もちろん、サーバーでもない…

そして、「フランス語」

Français

フほん

になります。

コラム:コンニャックする

日本語を覚えたフランス人が

「こんにゃく」を発音すると、

特殊拍の「ん」の発音が出来ず、

「コニャック」と聞こえてしまう

という話を聞いたことがあります。

Cognac(コニャック)

gn=ニャ行

「c」は語尾でも読む

屋台で「コニャックひとつ!」

…言葉の壁を改めて感じる

場面ではありますけど、

これはこれで、

結構洒落ていますよね。

そこで、ひとつ、

「コンニャックする」

という文字遊びとして

仕立ててみることにしました♪

それは、ズバリ、

フランス語の単語の

「発音」だけで

日本語を表現してみる!

というもの。

①オレとボク

フランス語で

「オレとボク」は何て言うの?

え?

「Je et Je(ジュ・エ・ジュ)」

でしょ?

と答えられた方、流石です。(への;)

j=ジャ行

Je=私

でも、ここはひとつボケて、

コンニャックして下さい(笑)

コンニャックすると…、

カフェオレ(珈琲牛乳)

「オレ」

Café au lait

メルシーボクー

(どうもありがとう)

「ボクー」

merci beaucoup

そして、間に

「トゥルモンド(みんな)」

「トゥ」を入れて…

tout le mond

au lait tout beaucoup

ミルクに全てとても

トゥルモンド!カフェオレ、

メルシーボクー!

の略として…(汗)

まさに「珈琲御礼」です。

みんな!カフェオレ、

どうもありがとう!

②オ・シャ・レ

・シャ・

フランス語で

何て言うかは知りませんが、

フランス語自体が

・シャ・なので、

ここは気にしない…(汗)

フランス流の

オシャレファッションも

コンニャックすると…、

Eau Chat Lait

・シャ・

ミルク

Eau(水)=オ

シルク・ドゥ・ソレイユでも有名!

Chat(猫)=シャ

英語のチャットと同じつづり!

Lait(ミルク)=レ

カフェオレの「レ」

フランス語の「猫」が

英語の「おしゃべり」と相まって、

「おチャットれ」

とも読めそうですね。

まあ、それはそれで

結構洒落ていますけど…。

水とミルクがダベってる。

水心にミルキーハート

というやつでしょうか?

水と油な気もしますが…(汗)

ちなみに、フランス語で

チャ行は「tch」*です。

*「ch」はシャ行

ただし、このチャ行、

フランス語の中では

使われません。

「tchao(チャオ)」

など外国語や外来語の

転写にのみ使われます。

③アンガトー

いろいろアンガトー

Un gâteau

アン ガトー

一つのお菓子

Un=アン(一つ)

気持ちを込めて渡しましょう

いつも Un Gâteau Chocolat

(アん・ガトー・ショコラ)

ファミチョコにどうぞ♪

④おフランス〜♪

「おフランス」を、

au France

お フほ(フランスで)

で表現!

au=お

一見、正しい仏語に見えますが、

実はこれ、間違っています。

正しくは、

a la France

ア ラ フほんス

つまり、なんちゃって

フランス語なんです。

まさにおフランス語ですね。

ついでに言うと、

「ラ・フランス」は

「フランス」という意味。

まとめ

「ou=ウ」

「〜n/m」は「鼻母音」

「R」は「ふ#」

語末の子音

ほとんど読まない

(CaReFuL)

でも、次に母音が来ると、

復活読み(リエゾン)する

「二重母音」

クロワッサンとカフェオレで

「ç(セディーユ)」こそ

フランス語文字「Français」

+その他、コンニャック色々…

以上、フランスのローマ字でした。

m(_ _)m

流石に、パリジャンヌのローマ字は

覚えるのも大変ですね…(への;)

ただ、ご紹介した以外にも、

無音の「H(アッシュ)」

有音の「H(アッシュ)」など、

まだまだ細かいルールは

沢山あります…(汗)

例)

無音:ホテル

tel(テル)

 l’hôtel(テル)

有音:斧

hache(ッシュ)

 la hache(ラ ッシュ)

*イタリア語やスペイン語同様、

「H」は全てサイレントだが、

「’(アポストロフィ)」で

「縮約」できるかどうかで、

「無音・有音」の2つに分けられる。

ただ、あまり踏み込み過ぎると

収拾が付かなくなるので…、

この「ローマ字巡り!」では

割愛させて頂きました。

m(_ _)m

というわけで、今日はこの辺で。

それでは、また(への)/

<Fin>(ファん)

p.s.

大事なことをひとつ

忘れていました(汗)

important

(アんポふタん)

大切な、アンポルタン

英語のインポータントと

同じつづりなのに、

発音だけが違う!

im=アん

結構、フランス語には

英語と同じつづりなのに

発音だけ違う単語

結構あったりします。

このインポータントもそうですが、

先程の「Fin」も、

「尾ひれ」の意味ではなく、

「終わり」「ファん」

「Chat」

「おしゃべり」ではなく

「猫」「シャ」

でも、極めつけは「パン」です。

「pain(パん)」

英語では「ペイン=苦しみ」

と読めてしまう。

これまた、相当な言葉の壁、

いや、「読みの壁」です。

こんなアンポルタンなこと忘れるなんて、

とんだ「あんぽんたん」ですね…(苦笑)

というわけで、今度こそ、

au revoir(オルヴォワール)

(お ふ#ヴォわふ#)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★「もじ部や」では文字グッズを販売しています。興味のある方は★SHOPまで