コーヒーいっぱいに文字遊びを淹れてみました♪

Pocket

どうもみなさん、こんにちは。

ぺのっぺです。(への)/

今日はコーヒーいっぱいに

文字遊びを淹れて行きたいと思います。

スポンサーリンク

C:コーヒーの音♪

「コーヒー」の音は

「coffee」だから

発音記号で

/kˈɔːfi(米国英語)

 
これがコーヒーの音だ!
 

と考えたくなりますが、

ココは「文字遊び」なので、

「音」は「音」でも

「♪」の方の「音」

考えてみたいと思います。

そこで、早速、

音階「C0FFEE」

考えてみました♪

C=ド 0=?

F=ファ E=ミ

といっても、

ABC表記ではわかりずらいので、

そのままに直しますね。

どうでしょう?

「C0FFEE」

ド0?ファファミミ

「O」は音階にはないので

「0」を当ててますが…、

この場合「0」は、

「最初のド」と考えれば、

十分成り立ちますね。

ファファミミ

これがコーヒーの音色になります♪

☕♪

ただ、「C0FFEE」だと、

「0」の解釈がハッキリしないので、

「CAFE」に置き換えるのもOKです。

「CAFE」

ファ

こっちはむしろ

カフェで流れてる音楽に

なりそうですね♪

どちらもリズムはお好みで

入れて下さい♪

ファファ〜♪

O:コーヒーの数★

コーヒーは不可算名詞。

だから数えられるのは

コーヒーカップの数だけ…

☕☕☕…

コーヒーは数えられない!

…確かにそうですが(汗)

ココは「文字遊び」なので、 

16進数で考えてみたいと思います。

16進数は「0〜9」までの数字に

「ABCDEF」の6つの文字を

「数字」として使うので、

先ほどの「C0FFEE」を

16進数として読むことも出来るんです。

というわけで、

早速、直してみます。

どうでしょう?

「C0FFEE」

=「12,648,430」

1264万8430!

すごい数ですよね!

流石16進数。

たったの6ケタで

(10進数でいう10万で)

これだけの数になるとは…

もしかしたら、

毎朝世界中で飲まれてる

コーヒーの杯数かもしれませんね。

☕☕☕…

ちなみに、

「CAFE」の方はというと…?

「CAFE」=51966

5万1966

こちらは余り多くないですね。

国内のカフェの数にしても

もっと多そうです。

f:コーヒーの色☆

コーヒーの色と言ったら

茶色?それとも、ブラック

と答えたくなりますが、

ココは文字遊びなので、

引き続き「C0FFEE」で

考えてみたいと思います。

実は先ほどの16進数。

「C0FFEE」

そのまま色を指定する

カラーコードにもなるんですよ。

なので、「C0FFEE」が

そのままコーヒーの色になるわけです。

というわけで、

早速、変換してみます。

どうでしょう?

C0FFEE

何と水色アイス色ですね。

(背景は反転カラー)

でも、色の階調を反転させれば、

小豆っぽくもコーヒーの色に近づきますね。

3F0011

F:コーヒーの成分#

コーヒーの成分はもちろん、

「カフェイン」ですが…、

ココは「文字遊び」なので、

「元素記号」とこじつけて

みたいと思います。

でも、元素記号には

「C(炭素)」はあっても

「COFFEE」をモーラできるものがない…

そこで、「CaFe」

考えてみることにしました。

これなら、皆さんよくご存知の

あの成分になりますからね。

「Ca Fe」

そう、カルシウムと鉄。

健康に欠かせない栄養素です!

Ca=カルシウム

Fe=鉄

なので、コーヒーの成分は

「カルシウム鉄」になります。

鉄分たっぷりのお湯で淹れた

コーヒーをカルシウムたっぷりの

ミルクで割った一杯♪

といった所でしょうか。

「塩酸」とかじゃなくて

ホント良かったです(笑)

ちなみに、

「カフェイン」の当て字ですが、

なぜか「珈琲基塩」

「基」が入ってます。

いっそのこと、

「珈琲塩」でも良かった気が…。

あっ!でも、それだと、

塩入りコーヒーになっちゃいますね(笑)

E:濃いコーヒー!!

さて、コーヒーを濃い目に表すには

どうするか?

太字にする??

いやいや、

もっと良い方法があります!

それがコレ♪

Cofffee(コッヒー)

そう!「f」を重ねて

「fff(フォルティッシシモ)」

にするだけ!!

これなら、

イタリアのエスプレッソだって

表現できます♪

また、少し弱いコーヒーなら

Cofee(コヒー)

と「f」を1つ減らして

「フォルテ」で表せますし…

砂糖で甘くした一杯だって

Coppee(コーピー)

と「f」を「p」に変えて、

「ピアニッシモ」に表すことが出来ます♪

そう!ピアノフォルテな一杯を

楽しむことが出来るわけです♪

ファファ〜♪

というより、

普通のコーヒーの段階で

すでにフォルティッシモなんですね!

Coffee(コーヒー)

とても強く!!

e:オフィスのコーヒー!?

オフィスで飲むコーヒーは

どこか違う!

でも、一体どこかが違うのか!?

☕…!?

それは…ココ!

Coffie

ココが違うんです。

Coffie

「ee」が「ie」

なぜなら、並べ替えると…

Office(オフィス)

になるから♪

文字遊びのひとつ、

「アナグラム」です。

アナグラム

=同じ文字を並べ替えて

異なる語を綴るも文字遊び

ついでに言うと、

「氷(ice)」も入っているので、

夏のオフィスだとわかるんですよ。

まとめ

C:コーヒーの音♪

C0FFEE

=ファファミミ

CAFE

=ファ

O:コーヒーの数★

C0FFEE

=1264万8430

CAFE

=5万1966

f:コーヒーの色☆

C0FFEE

3F0011

F:コーヒーの成分#

CaFe(カルシウム鉄)

E:濃いコーヒー!!

Cofffee(コッヒー)

(フォルティッシシモ)

e:オフィスのコーヒー!?

CoffieOffice

以上、コーヒーいっぱいの

文字遊びでした。m(_ _)m

というわけで、今日はこの辺で。

それでは、また(への)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

★「もじ部や」では文字グッズを販売しています。興味のある方は★SHOPまで